トップページ > お知らせ > あの日から9年

お知らせ

あの日から9年

2020/03/11

 東北を中心に被害が及んだ東日本大震災から、9年が経ちました。
今日は聖和幼稚園でも追悼式が行われ、各クラスで放送により行いました。

黙祷をし、震災を経験した田村先生のエピソードを聞きました。
震災当時、田村先生の娘さんが年少組で、自宅にいました。
普段から幼稚園で避難訓練を行っていたことで、地震が起きても机の下に入り、自分の命を守れたようです。
普段行っている避難訓練が、とても大切であることを話してくれました。
また、震災が起きたことにより水がなくなり、電気もつかず、色々なものが壊れ、3か月も自宅のお風呂に入れない日々が続いたそうです。
電気がついたり、水が出たりすることは当たり前ではないという話をしてくれました。

震災の後に生まれた子どもたちですが、真剣な眼差しで耳を傾けていました。

忘れられない、忘れてはならない出来事。
ぜひ、ご家庭でもお子様に、あの日のことを伝えてみてはいかがでしょうか。