トップページ > お知らせ > ◆涅槃会◆

お知らせ

◆涅槃会◆

2019/02/04

今日は三仏忌の一つである、『涅槃会』が行われました。
本来は2月15日なのですが幼稚園では今日、和尚様に来ていただき、お話をいただきました。


さて、保護者の皆様は、涅槃絵についてご存じでしょうか?
涅槃とは、お釈迦様が一生を終えた日のことです。

お釈迦様は紀元前383年、80歳で亡くなりました。当時としては、かなりの長生きですね。

最後の時が近づいていることを悟ったお釈迦様は、生まれ故郷を目指して旅に出ました。
その道中、クシナガラという土地で倒れ、沙羅の樹の林で、頭を北にし、右脇を下にした形で亡くなりました。
これに習って、仏式では亡くなったときに北枕にして寝かせます。

お釈迦様は、最後の最後まで弟子たちに教えを説き続けられました。
「あらゆるものは、うつろいやすいものである。怠ることなく精進せよ」これが最後の言葉でした。
お釈迦様がなくなったことを知り、人々だけでなく、鳥や獣も集まり、共に涙を流したといいます。

そして、2000年以上経った今でも、人々はお釈迦様が残した教えを大切に伝えています。


幼稚園のお友だちもお釈迦様の教えを守り、楽しく毎日を過ごしていけるといいですね。