園長だより『こんにちは!園長で〜す』

No. 44 2017.4.20

29年度もよろしくお願いします

平成29年度がスタートしました。私自身も聖和幼稚園で3年目の4月を迎えています。少し慣れたかなといえばそうですし、いやなかなか奥が深い、まだまだであるといえば、そうでもあるなという状態です。

さて、3年目のはじめにあたり、聖和幼稚園で行う仏教保育について簡単に触れつつ、保護者の方にもお願いしたいことなど少々書いてみようと思います。

まず、幼稚園での保育目標ですが、大きくは聖和幼稚園の「教育目標」があります。

『お釈迦様の教えを基本にすえ、心の豊かさと人を思いやる優しさを大切にし、「生きる力」を培 う保育に努めます。』

そして月毎の目標があります。仏教保育に取り組む幼稚園では多くが掲げています。

  1. 4月:「合唱聞法」 入園・進級を喜び、園生活に親しもう。
  2. 5月:「持戒和合」 決まりを守り、集団生活を楽しもう。
  3. 6月:「生命尊重」 生き物を大切にしよう。
  4. 7月:「布施奉仕」 誰にでも親切にしよう。
  5. 8月:「自利利他」 できることは、すすんでしよう。
  6. 9月:「報恩感謝」 社会や自然の恵みに感謝しよう。
  7. 10月:「同時協力」お互いに助け合おう。
  8. 11月:「精進努力」最後までやりとげよう。
  9. 12月:「忍辱持久」教えを知り、みんなで努め励もう。
  10. 1月:「和顔愛語」 寒さに負けず、仲良く遊ぼう。
  11. 2月:「禅定静寂」 よく考え、落ち着いた暮らしをしよう。
  12. 3月:「智慧希望」 希望をもち、楽しく暮らそう。

これらの目標のもと保育にあたりますが、その大きなものとして三仏忌があります。「4月8日 お釈迦様の誕生日」「12月8日 お釈迦様が悟りを開いた日」「2月15日 お釈迦様が入滅された日(なくなられた日)」で、幼稚園でもはなまつりやお祝い会を催したり、祈りを捧げたりします。

次に毎月おこなう「勤行」があります。和尚様においでいただき、お話を聞きます。

入園式や卒園式なども仏教保育の一環の形で行います。

環境面では、幼稚園を入ったところに、各教室とホールにお釈迦様がおられ、子どもたちは朝や帰り、昼食の時など手を合わせています。

その日一日の園生活を楽しく安全にと願い、朝に手を合わせてごあいさつをします。帰りには楽しかったことも含めて報告を兼ねて、手を合わせてごあいさつをします。

本園の保育には『お約束』というものがあります。

  1. 朝夕に御仏を拝みましょう。
  2. 先生やお父様、お母様の教えを常に守りましょう。
  3. みんな仲良くして、良い子どもになりましょう。

このお約束の1や2から、子どもたちは朝と帰りに手を合わせています。その時、是非とも親御さんも一緒に手を合わせていただくことが肝要と思います。子どもたちがお約束を守っていくためにも、仏教保育を実のあるものにするためにも、是非ご一緒にお願いいたします。親子が一緒にごあいさつ、きっとのの様も喜んでいると思います。

入園したばかりの時、親御さんが一緒に導いていただければ……よろしくお願いします。

バスから降りて、のの様にごあいさつ。