園長だより『こんにちは!園長で〜す』

No. 31 2016.5.18

我が身と考えて…

連休中に悲しいニュースがありました。

「6日午前10時前、国分寺市の府中街道で、生後7カ月の男の赤ちゃんをおぶった母親が自転車で道路を渡ろうとしたところ、走ってきた乗用車と接触しました。母親は転倒し、赤ちゃんは頭を打って病院に搬送されましたが死亡しました。」

というニュースです。悲しい思いを強くもちました。まだ1歳にもならない我が子を失った母親の悲しみは相当深いものだということは誰もが否定できないものです。では、どうしてこのような事故が起こったのか、防ぐことはできなかったのでしょうか。

自転車での送迎が多い聖和幼稚園でも、いつ起こりかねないかもしれません。

  • 自転車へのお子さんの乗せ方
  • お子さんを乗せているときの安全への配慮
  • ヘルメットの着用の有無
  • 自転車の安全点検

また、幼稚園でも心配なのが、子どもたちの自転車乗りです。もう補助輪をつけないで乗れるお子さんもいらっしゃると思います。交通安全、交通ルールを守っているのかな、と園の前を走って行く小学生やお迎えに早く帰って一緒についてくるお兄ちゃんやお姉ちゃんたちの自転車乗りにも心配になります。

自転車は法規上、車と同じ扱いです。どうぞ今自転車に乗っているお子さんがいらっしゃる方、これからお子さんが自転車に乗るであろう方、今一度、自転車についてそして安全について考えていただきたいですね。ニュースで見ることを、是非「我が身」と考えていただきたいと思います。

園内はなまつり

園内はなまつり、年長さんの演奏と合唱を皆で聞き入ってます。