園長だより『こんにちは!園長で〜す』

No. 30 2016.4.28

熊本地震

新年度がスタートしました。もっと早くと思っていた園長だより、やっとアップいたしました。間が空いてしまい申し訳ありませんでした。

無我夢中だった昨年に比べ、今年は怒濤の忙しさの4月だった気がします。今週全園児通常保育となりました。朝のお迎えから、帰りのお見送りの間に、園内を回ったりする余裕も出て、園長だよりにも気が回るようになった、というのが言い訳の一つというところでしょうか。

徐々に子どもたちは園生活に慣れてきています。登園時、バスに乗るときや、送りで親御さんと離れるときに多く聞こえてきた泣き声も少しずつ減ってきています。しかし……連休をご家庭で過ごし、久しぶりの登園となる連休明けには、昨年もそうでしたが、例年また泣き声が増えるのだそうです。早く「幼稚園に行くのが楽しみ」となっていってもらえるよう、職員みんなで頑張っていきたいと思います。

さて、そんな4月に熊本で大変な地震が起きました。益城町では前震と本震と2度も震度7に襲われ、被害も甚大となっています。東日本大震災から5年、地震本来の怖さに加え津波の恐ろしさを経験しましたが、今回はまさに地震の揺れの怖さを見るものでした。

幼稚園でも定期的に避難訓練を実施していますが、強い揺れの際の対応の仕方など、改めて日頃の防災と避難訓練の大切さを感じたところです。決して「風化」させずに備えをしっかりとしていかねばと思います。地震はいつ起こるかわかりません。熊本地震の本震も夜中で、犠牲になられた方も多くいらっしゃいました。余震が続くとだんだん反応が鈍くなってきたことも5年前にありましたので、これもまた気をつけていかねばと思ったところです。

熊本地震で犠牲になられた方々、家屋倒壊などで被災された方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

のの様

のの様とちゅうりっぷ