園長だより『こんにちは!園長で〜す』

No. 21 2015.11.11

お店屋さんごっこ

園長だよりの更新、だいぶ間が開いてしまいました。来年度の園児募集の作業が入り、なかなか筆を取る(キーボードをたたく?)時間がとれませんでした。お陰さまで満3歳児は定員となり募集終了ですが、年長・年中・年少共にまだ受付ができますので、お知り合いに幼稚園を探していらっしゃる方がおりましたら、ぜひお声がけをお願いします。

さて、先月末に開催しました「お店屋さんごっこ」、こちらもお陰さまでバザーと共に大盛況となりました。ご協力いただきありがとうございました。このお店屋さんごっこで感じたことを少々。

昔、私が子どもの頃、近所にはいろいろなお店屋さんがありました。特に学校のそばには必ずと言っていいほど、文房具と駄菓子を売る店がありました。5円玉や10円玉を握って買いに行った記憶があります。時が経ち、今私が住んでいる団地には、コンビニ1軒、スーパーマーケット1軒、食堂が2~3軒くらい他に美容室や畳屋さん、医院、整骨院などのお店屋さんがありますが、子ども一人で買い物に行けるような店はせいぜいコンビニくらいでしょうか。それでも学校から行かないようにいわれているのか、子ども自体が少ないのか、コンビニに子どもだけで買い物に来ている姿はほとんど見たことがありません。聖和幼稚園にお子さんを通わせている皆さんの住まいは、私のところのような団地ではありませんが、子どもだけで買い物ができるような店は少ないことと思います。

少ないお小遣いをどう使うか、そんなことを考える機会も減ってきているのでしょうね。ましてや今の園児たちが大きくなる頃にはキャッシュレスがさらに進んでいるのかもしれません。

実際にお金を扱う、お金でこんなものが買える、お金を貰ったら貯金するかどうするか、などお金に関して考えることはたくさんあります。やたらの大金持ちでない限り普通の金銭感覚を身につけていくことはとても大切なことです。お店屋さんごっこがそのきっかけの一つになればと感じました。これから冬に向かい、子どもたちもいろいろとお金に触れる機会も増えるのかな、と思います。おうちの方もちょっとその辺を意識してみませんか。

ちなみに、お店屋さんごっこは子どもたちを主役としての活動でした。それで多少時間がかかることもあって長い行列ができ、きていただいた皆様にはご迷惑をかけてしまいました。しかしほとんどの方が子どもたちの学びの一つ、と理解していただき温かく見守ってくださいました。(来年は少し工夫します。)ありがとうございました。バザーもありがとうございました。

「代金いただきます。ありがとう。」

「代金いただきます。ありがとう。」

長い列もできてしまいました

長い列もできてしまいました